学生融資ノート > 即日融資の基礎知識 > 学生カードローンのデメリット

学生カードローンのデメリット

バツ学生がカードローンを利用するにあたって気になるのが金利だと思います。
 
カードローンの金利は上限金利などの施行などによって昔に比べると大幅に下がってきているものの、現代にあるローンの種類の中で見るとまだまだ金利が高い部類のローンになっています。
 
100万円までの借り入れなら金利が15%を超えることが珍しくなく、通常のローン金利が数%ということを考えると高い水準の金利となっています。

しかし、学生カードローンでも初めての利用者は、一定期間無利息で借りられる所が多いので、無利息期間内に返済するように計画を立てれば問題ありません。
 

学生カードローンでも即日融資が可能!

学生だから審査が厳しいんじゃ…と思う方が多いようです。
ですが、学生カードローンは即日融資も可能ということで人気を集めています。
 
即日で融資を受ける必要があるという状況ということは、すぐにでもお金の借入が必要な状態ということが想定され、正常な判断で金融機関に対して申し込みができないということも十分に考えられます。
 
カードローンは利便性が高いローンということで利用者が多くいますが、どのような使用用途にでもお金が使えるということから不要な借り入れを繰り返してお金を使うという人も多いですが、必要最低限のお金を借りるようにすれば、返済の負担もそれほど大きくはなりません。
 
学生でも同じで、お金を借りるときは計画性を持ってキャッシングすることが重要になってきます。
 
最近ではインターネットが普及したこともあって金融機関に足を運ぶことなく即日融資の申し込みを行うことができるようになりました。


学生におすすめのキャッシングはこちら!

このページの先頭へ