レッドカーペット

大学生が即日融資を受けるためには

学生即日融資 初めて融資を受ける際、銀行や消費者金融等が運営しているカードローンの中で、できれば大手をチョイスするのが良いでしょう。

大手消費者金融や大手銀行であれば、安心して利用できますし、それなりのサービスを受けることができるからです。

カードローンを利用するには審査を乗り越えねばなりません。
大学生でも20歳以上でアルバイトをしていれば、審査に通る可能性はあります。

お金を貸す側としては「きちんと返済できる人」に融資をしますので、アルバイトを始めてすぐの人や、短い期間でアルバイトを転々としている場合よりも、長期で同じアルバイト先に勤めていたり、月々高い収入がある人の方が審査通過率は上がります

カードローンを利用したいと思ったら、できるだけ「自分は返済能力がある」ことを証明する努力をして下さい。

急ぎで借りたい場合は、あらかじめ本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)に加え、アルバイト先の給与明細など、収入を証明できる書類を用意しておけば、時間も短縮でき、即日でお金を借りることができるでしょう。

即日融資を受けるもう一つのポイントは、借りたお金を銀行口座に振り込むサービスを利用したり、無人契約機でカードを発行してもらうことです。
WEBで手続きをしておけば、すぐにカードを発行してもらます。

大学生でも即日融資でお金が借りれるカードローン。しっかりと準備・見極めをして利用するようにして下さいね。

学生でも即日融資可能なおすすめのカードローン

新生銀行レイク  【総量規制対象外】
実質年率: 4.5~18.0%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短即日利用可能
審査スピード: 画面上ですぐに結果表示
来店いらずで、その日のうちにお振込み!
審査結果もその場ですぐわかる!(審査結果お知らせ時間外の場合翌営業日)
お借り入れやご返済などにかかるATM手数料は無料。
初めての方は5万円までを180日間無利息・全額30日間無利息の選べる無利息ローン有り!

アコム
実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短1時間
審査スピード: 最短30分
初めてご利用の方限定で、ご契約日の翌日から30日間金利が0円!
審査は最短30分。即日振込みも可能。
お客様のご都合に合わせて返済期日をお選び頂けて、利息はご利用日数分だけ!

モビット
モビット 実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短即日利用も可能
審査スピード: 10秒で簡易審査結果表示
電話&郵送物なし!パソコン・スマホでネットとメールだけですべて完結!ラクラク申込!
事前に融資可能かどうかが分かる簡易審査も!
全国の提携のATMが約100,000台以上あるので、いつでもどこでもキャッシング。

大学生でも即日融資でお金を借りれる

学生即日融資大学に進学することで、生活が大きく変わりますよね。
1人暮らしを始める人、サークルや部活に挑戦する人、学費を稼ぐためにアルバイトに勤しむ人など、学生の時期は自立に向けて頑張れる時期だと思います。

そんな大学生にとっても、社会生活を営む上で必要なのはお金。
人脈も広がり付き合いも多くなることでしょう。突然の出費に迫られることもあるはずです。

しかし手元にお金がない・・・そんな時でもすぐにキャッシングできたら便利ですよね。

学生ローンは、社会人だけでなく、アルバイトさえしていれば大学生でも利用できるローンです。
ただし、学生カードローンに申し込めるのは20歳以上なので、未成年だと親の承諾が必要になります。
急な物入りで今すぐお金を借りたい人のために、「最短即日融資可能」としているものが多くあります。特に、消費者金融のカードローンは、「最短審査30分」「最短融資1時間」など、超ハイスピード対応をしているところもあります。

急ぎで借りたいと思っている人は、第一段階として「最短即日融資可能」なカードローンをまずはチェックしてみましょう。

学生が即日融資を受けるなら消費者金融がおすすめ

即日融資を受けたい場合に、少しでも信頼できる金融機関が提供しているカードローンを利用したいというのが、これからお金の借入れをする人の気持ちだと思います。

できれば消費者金融ではなく、金利が低く信頼ができる銀行で即日融資を受けたいという人も多いのではないかと思います。

基本的に即日融資と言えば消費者金融というイメージが一般的には定着しています。

これはもともと消費者金融が即日融資に力を入れていたことが理由としてあるものの、銀行でも最近では即日融資が可能になっているところが増えています。

このことから消費者金融に限らず銀行に申し込みをして、即日融資を受けるという人も多くいます。

ただし、銀行カードローンの場合は消費者金融に比べて審査が厳しめに設定されていて、学生の場合は利用ができないという所がほとんどです。

消費者金融の方が金利が高いというデメリットはありますが、初回利用の場合に30日間などの無利息期間を設けているカードローンも多く、短期間の借り入れなら銀行カードローンよりもお得にお金を借りることができます。

学生は銀行借り入れよりも、即日借り入れができて、無利息サービスもお得な消費者金融系のカードローンを選ぶことをおすすめします。

学生カードローンの申込みは簡単!親にもばれない使い方

カードローンの申込み、本当に便利で簡単になりました。

だってスマートフォン一つあれば全ての手続きが終えることが出来るのですから。

学生の皆さんにとってスマートフォン利用はほぼ定着していますよね。
今は何をするにもスマホがあれば出来る環境になっています。
勿論カードローンの申込みも同じです。
いつでもどこからでもスマホから申し込めます。

このカードローン使おう!と心に決めたら、スマホでHPを開いて新規申込みから手続きをするだけ。
必要項目を全て入力して必要書類である本人確認書類を写メしてWEBにアップ、後は審査結果を待つだけです。
結果もメールで届きますし、契約書もWEB上で確認。
申込みの段階で借りるお金を銀行口座に振り込む手続きさえ取れば、誰かにバレる事もありません。
「郵送物なし電話なし」で打ち出しているカードローンなら、アルバイト先への在籍確認もありませんし、自宅にモノが届くこともありません。
特に自分の親にバレない様にするには、明細もWEBで確認できるよう手続きしておきましょう。

提出書類は、基本的に本人確認書類としての運転免許証を使いましょう。
運転免許証が無い人は自分用の健康保険証でもOKです。
つまり公的機関が発行している証明書であれば良いのです。
ただ「郵送物なし電話なし」のカードローンでは、アルバイト先の収入が証明できる書類の提出を求められることがありますが、毎月の給与明細などを提出すれば大丈夫です。

ちなみに、アルバイト先への在籍確認電話が入る場合でも、会社名は名乗らず個人名で電話をかけますので○○さんがお金を借りている・・なんてことはバレませんので安心してください。

いまや学生でも気軽に簡単にお金を借りれる時代となりました。
でも、借りたものはきちんと返すこと。
このことも心がけてカードローンを利用するようにしていきましょう。

学生カードローンを利用するときの注意点

カードローンはとても身近で簡単にお金を借りれる画期的なツールになっています。
更に学生でも利用できる学生カードローンもあるので、大学生活を充実したものにするために利用している人も増えてきています。

しかしその反面、返済不能に陥ったり多重債務者として苦労している人も少なくありません。
なぜそういう人がいるのか・どういう経緯でそうなってしまったのかをネットに上がっている体験談を参考に検証してみました。

多重債務者・返済不能に陥っている学生の皆さんの声として

・お金を借りている感覚がなくていってしまった
・いつでも返せる気楽さから、返済よりも借り入れの回数が増えた
・直接、人の顔を見ずに借りれるので、責任感が薄くなっていた

などが多くありました。

カードローンは、20歳以上でアルバイト収入があれば大体のところが審査OKとします。
その手続き方法もWEB上で済ませられることから、借りる側と貸す側が直接顔を合わせることもありません。
借入時も返済時もほとんどがATMを利用するため、コンビニから気軽にお金を手にすることもできます。

学生である20歳~23・4歳は社会人の一歩手前。
お金を使うことに格好良さも感じるでしょうし、楽しいことにお金を使えばより幸福感を感じる年頃でもあります。
そんな条件がいくつも重なって、「借入をストップされてしまった」「返済の勧告がきた」という現状に後になって気づくようです。

多重債務や返済不能に陥らないようにするためには、「どれくらいの金額を借りる」「いつ返済する」という明確な計画を立ててから利用する必要があります。

急な借入れに迫られた時でも、「アルバイト代が〇日にはいるから翌日には返済しよう」と意識することが大切なのです。
「借りたものはきちんと返す」これは人としての基本です。
社会人になるためにも、その基本を学生時代にきちんと身につけておきましょう。

このページの先頭へ